ヤニ取りの方法教えます!しつこいヤニも消しゴムですっきりな歯に!

ヤニの正体とは何でしょうか。ヤニとタバコはワンセットのものであり、タバコにはタールというものが含まれています。これが歯の表面に付いて放置されてしまうとこびりついてしまい通常の歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。このタールはタバコの草に含まれている植物性の油で、粘り気があるところが非常に厄介なのです。そんなヤニ取りを家庭で行うことができるものの一つに消しゴムがあります。これは歯のステインを除去する専門のものを差します。歯のヤニやステインを落とすことに特化したものなので歯の表面を傷つけないような性質を持っています。使い方のポイントとしては歯の表面をティッシュなどで拭いて乾いた状態にします。力を入れずに軽い力で気になる汚れ部分に消しゴムをかけていきます。ヤニ取りをすると目に見えて落ちるのでついついやりすぎてしまったり、力が入ってしまいますが、傷付かないものとはいえ、やりすぎは禁物です。また、ヤニ取り用ではない砂の入った文具の消しゴムや、メラミンスポンジなどはヤニ取り自体は可能ですが、歯のエナメル質も削ってしまいますので止めておきましょう。一度すり減ってしまったエナメル質は再生しません。また、エナメル質が薄くなると象牙質が透けて見えるようになり、黄色っぽい歯になってしまいます。時間をかけて丁寧に落とすことを心がけましょう。また丁寧に落とすことで表面の細かい傷を落とすことができるのでその点においても弱い力で落とすことをお勧めします。